家電評価論ブログ

★家電の買い物で悩んでいる方に特徴やレビューまとめ★動画もチェック!

【ネットショップ開業】ネット通販で成功するポイントとは!?個人でもOK!

通販を始めようと考えている方のほとんどはネット通販でしょう。
ネット通販サイトの代表格と言えば、「Amazon」「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」と言ったところです。

最近ではオークションサイトやメルカリを利用して、ネット通販を展開する方もいますが、どれがベストな方法なのか悩みますよね。今回はネット通販で成功するための、サイト・モールの活用ポイントをご紹介します。

目次

目指す売上目標や資金力によって異なる

f:id:MANAGAKU:20210417115612j:plain

ネット通販で成功するための、サイト・モールの選別方法は、どこまでの売上を目指すのか、どれくらい時間が使えるのかによっても異なるでしょう。要は、目標とする売上規模によって展開方法が違い、個人の場合は在庫を抱える資金力は多くないものとして解説します。

初期費用を抑えてショップを開きたい

個人で1から始める方は、とにかく初期費用を抑えて始めたいという声をよく聞きます。
不安要素も高く、商品の仕入れなどもあるので、波に乗るまではできる限り無理はしたくないですよね。そんな方におすすめの方法はいくつかあります。

  • メルカリ、ヤフオクなどのサイトを活用
  • Yahoo!ショッピングなど出店費用が掛からないサイトを活用
  • BASEなどでオリジナルショップ開店

shop-pro.jp

日本最大級のバーチャルオフィスならKarigo

メルカリ、ヤフオクなどのサイトを活用

ネットショップを開こうと思っている方の多くが、メルカリやヤフオクで販売を経験している方が多いでしょう。掛かる費用としては売れた際の販売手数料であり、リスクが少ないのが特徴です。
ネットショップスタート時には良い方法ですが、ある程度軌道に乗ったら見切りをつけた方が良いでしょう。

ネットショップは商品のクチコミだけでなく、ショップとしての評判も大切です。
メルカリやヤフオクで大きく展開することは、ショップとしてプラスではありません。

在庫処分などの活用には問題ないと思いますが、メインの商材を販売することは止めていった方が良いでしょう。

Yahoo!ショッピングなど出店費用が掛からないサイトを活用

ネットモールでも初期費用が抑えられるサイトがあります。
初期費用が抑えられる分、コストの掛かるAmazonや楽天市場に比べると反響が落ちることは確かです。しかし、反響が落ちるとしても、このようなネットモールに出店しておくことは非常に大切なポイント。

売上をこのサイト内でたてる目的だけでなく、ショップ名や商品名で検索された時に最初のページに出てくる可能性が上がるからです。売上が全然ないからと更新を止めず、商品アップや更新はしっかりと行いましょう。

BASEなどでオリジナルショップ開店

今や自社のネットショップは素人でも簡単に作れる時代です。
近年注目されているのが「BASE」。
フォーマットや背景を選んだり、ネットが苦手な方でも頑張ればできるでしょう。

「カッコよく作れないからヤダ」なんて方もいますが、ネットショップはカッコイイ、オシャレなサイトのデザインで売れるわけではありません。
結局は「どれだけ注目される商品を売れるかどうかです」。

ネットモールとの大きな違いは、モールの力で人がアクセスしてくれますが、自社サイトは自分で集客をしなくてはいけません。
TwitterやFacebook、インスタグラムなどを使って集客する必要があります。

「そんな苦労するなら、モールサイトに出店するだけで良いのでは・・・。」1人で生活できる程度に細々とやるつもりの方は、モールの出店だけで大丈夫でしょう。ある程度成功させたい場合には、自社サイトを成功できるかできないかは先々大きなポイントになります。

自社サイトがあることでショップの信頼性はもちろん、将来的にはモールよりも自社サイトでの売上がたつことを目標としましょう。どれだけの売上規模を目指すかによって、どこまでやるか変わりますが、ネットショップの場合はやればやるほど、売上が上がる可能性が広がります。

(まとめ)【ネットショップ開業】ネット通販で成功するポイントとは!?個人でもOK!

個人で1からネットショップを始めるには、初期費用を抑えて無理をしないことが大切。
ただし費用を抑えて展開できるものは、とことん利用することをおすすめします。その分労力が掛かりますが、初期費用を抑えているので仕方がありません。

 ・メルカリやヤフオクなどのフリマ・オークションサイト
・ヤフーショッピングなどの初期費用が少ないモールサイト
・低予算で作れる自社ショッピングサイト

ショップとしての安定感をいかに早く作れるかが、次のステップにいくポイントです。