家電評価論ブログ

★家電の買い物で悩んでいる方に特徴やレビューまとめ★動画もチェック!

オーガニックの野菜を料理やスムージーで取り入れたい!有機野菜や無農薬との違いとは?

野菜の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

体に良い栄養を取るために、オーガニックの新鮮な野菜を取り入れたいですよね。

近年の健康志向が高まったことにより、良質で健康的な食材を食べることに注目を集めています。

スーパーに行くと「オーガニック」「有機野菜」「無農薬」などの表記がありますが、実際に意味合いを理解している人は多くないでしょう。

今回は、普段の買い物にも役立つ野菜の特徴や、野菜をたくさんとる方法をご紹介します。

↓野菜を簡単に手軽に摂るための注目商品↓

■オーガニック・有機野菜・無農薬は違うの!?

オーガニック野菜の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

「オーガニック」「有機野菜」「無農薬」は、どれも同じで言い方が違うのかな?と私も最初はそう思っていました。

それぞれの特徴について覚えておきましょう。

・オーガニック野菜

オーガニックは食材だけでなく、オーガニックコットンやオーガニックシャンプーなど、さまざまなものにオーガニックが使われています。

オーガニックは、できるかぎり最大限に化学農薬を使わずに下記の部分を取り組んだものです。

  • 水や土、大気などの環境保全を大切にする
  • 着色料や添加物をできる限り除いた安全性
  • 動物や植物の生物の保全
  • 地産地消でその地域の文化を大切にする

ただ安全で自然のものというだけでなく、生態系や環境の部分までの安全を考えたものでもあります。

・有機野菜

野菜に限らず「有機〇〇」というのをよく見かけると思います。

主には「有機JAS」という農林水産省の条件を満たしたものが適用できます。

有機JASのポイントは、こちらもオーガニックと似たように、農薬や化学肥料、遺伝子組み換え技術に頼らないことを基本として、事前の力で生産された農産物、加工食品、飼料、畜産物、藻類についています。

ただし、全てがまったく農薬を使用していないというわけではなく、やむを得ない場合のみ30種類程度の農薬が認められています。

・無農薬野菜

こちらもオーガニックや有機と同じイメージですが、無農薬はまったく農薬を使わない野菜です。

しかし、無農薬が注目されたことで、残念ながら虚偽で無農薬表示をするものが出回ってしまいました。

そのため、現在では「無農薬」という表示は禁止され、「特別栽培農産物」として表記されるようになっています。

■オーガニック・有機野菜・無農薬のメリット・デメリットとは!?

メリット

・安心安全

農薬や化学肥料を使わないので安心であり安全にも言えます。

農薬は害虫を殺すためのものであり、それを人間が摂取して良いとは思えないでしょう。

アレルギー体質の方にもおすすめしたいです。

洗って落とすことも可能ですが、100%取り除くことは難しいです。

・動物や植物にも優しい

農薬は人間だけでなく、虫が食べ→それを動物が食べ、鳥などの動物が害をもらってしまうため生態系に対して悪い連鎖を作ることになってしまいます。

デメリット

・農家さんは大変&高い

農薬を使わないと虫が発生してしまうので管理が非常に大変です。

大量に育てることは難しく、手間や時間などの労力も掛かっているためコストも高くなります。

そのため、オーガニックや有機は、一般の食材よりも高い原因です。

・形が悪い

農薬を使ったもののように綺麗な形で育てることは難しく、有機野菜を見るとよく形が崩れたものが多いでしょう。

また色合いが少しわるかったり、傷ついていたりするものも多いです。

・美味しくないものもある

農薬や化学肥料を使ったものだと甘みが多く美味しいものも多いですが、肥料をつかわないと味が落ちてしまうことも珍しくありません。

最近では独自の肥料を作る農家さんもあり、甘みのある美味しい有機野菜が増えてきました。

 

オーガニックや有機であればすべてが良いという訳ではありませんが、少しでも安全な方を選ぶ方が長い目で見て安心と言えるでしょう。

有機野菜は一般野菜よりも高いですが、病気になってしまったらそれ以上のお金がかかってしまいます。

予算とのバランスを見て、オーガニックや有機野菜を選ぶか、遺伝子組み換えでないものを選んでいくと良いと思います。

■良質な野菜をたっぷり摂る方法

3つの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

野菜をたくさん撮る方法として、さまざまなレシピがありますが、毎日そんな料理をするものも大変です。

手軽に野菜を摂れる方法として代表的なのは、やっぱり「スムージー」ですね。

野菜が苦手な子供でも、最初はバナナやリンゴを多めにして、美味しいフルーツジュースのように飲めると良いでしょう。

熱に弱い野菜もあるので、野菜そのものの栄養素を摂り入れることができる効率の良い方法です。

 

美味しいスムージーや野菜料理に人気を集めているハイパワーブレンダー「Vitamix(バイタミックス)」。

慌ただしい朝でも簡単に、手軽にスムージーを作ることができます。

「混ぜる」以外にも「砕く」「冷やす」「温める」「刻む」「挽く」「つぶす」「こねる」ことも可能です。

↓詳しくはこちら↓

managaku.com

■(まとめ)オーガニックの野菜を料理やスムージーで取り入れたい!有機野菜や無農薬との違いとは?

オーガニック・有機・無農薬は安心できる食材ですが、メリットやデメリットもあります。

農薬は害虫を殺すものなので、人間にも良いものではありません。

決して100%を叶えたものではありませんが、できる限り安全で安心できるものとして取り入れると良いでしょう。