家電評価論ブログ

★家電の買い物で悩んでいる方に特徴やレビューまとめ★動画もチェック!

風呂、トイレ、台所の水回りをキレイに掃除する方法!簡単に汚れをとるコツ

家の中の掃除で最も大変なのが、お風呂・トイレ・台所・洗面所の水回りです。

「頑固な汚れがつきやすく、面倒なので後回しになりがちですよね・・・」

ただ擦っただけでは落ちない汚れもありますし、特別な洗剤が必要な場合もあります。

今回は、簡単に水回りの掃除ができる方法をご紹介します。

・水回り掃除の基本的な手順

  1. 髪の毛やゴミなど目に見える大きな汚れを取り除く
  2. スポンジやブラシに洗剤をつけて擦る
  3. 頑固な汚れの場合は、洗剤をつけおきしてからスポンジやブラシでこする
  4. 水でしっかりと流す
  5. 乾いた布で拭き上げて完了

お風呂や洗面所の排水溝は、髪の毛や石鹸カスを取り除くだけでもだいぶキレイになることも多いでしょう。

洗剤は基本的には、よくドラッグストアやネットで購入できるもので十分です。

ヌメリなどがたくさんあるので、抵抗がある方が多いと思いますが・・・

「ココは思い切って洗うしかありません!」

「スポンジがヌメリでグチャグチャになってしまうこともあります」

おすすめ掃除用品はこちら↓

 

 

・カビや雑菌を掃除する方法

 

水回りの汚れで1番厄介なのが「カビや雑菌」。

普通の洗う洗剤は中性洗剤系ですが、カビを落とす場合には「カビキラー」のような塩素系漂白剤が効果的です。

水回りにはカビが発生しやすく、ピンクカビや黒カビなど目にしたこともあるでしょう。

「カビキラーをカビ部分や排水溝に撒いたら、少し時間を置いて流すだけなので簡単です!」

カビキラーはこちら↓

・水垢(カルキ垢)を掃除する方法

蛇口の部分に白いウロコのような汚れを見たことがあるでしょう。

それが「水垢(カルキ垢)」です。

水道水に含まれているミネラルが固まってしまったもので、1回キレイにしても生活している以上汚れやすいのでマメに掃除をしましょう。

酸性系のクエン酸洗剤を使うと簡単にキレイにすることができ、洗剤がない場合はお酢や柑橘系の皮のエキスでもキレイにすることができます。

それでも頑固な水垢の場合は、その箇所に酸性洗剤を含ませたキッチンペーパーを貼る、または洗剤をつけた部分にラップをしてつけおきすると効果的です。

・掃除用洗剤の選び方

「『お風呂・トイレ・キッチン・洗面所用に洗剤を買わなくちゃ!』なんて、する必要はありません。」

お風呂用、キッチン用という感じで売っているので別々で買わないと・・・と思うかもしれませんが、基本的には上記でご紹介した「塩素系漂白剤」「クエン酸」があればどこでも掃除することができます。

塩素系漂白剤はカビキラーのようなものになりますが、「クエン酸」と「重曹」があれば十分な掃除をすることが可能です。

「クエン酸」と「重曹」は化学系洗剤ではないため、小さいお子様がいるご家庭にもナチュラルな洗剤として人気を集めています。

掃除場所ごとに洗剤を買う必要もないので、収納スペースもスッキリ!

「余計なお金もかからず経済的です!」

おすすめの「重曹」と「クエン酸」はこちら↓

 

 

managaku.com